チャイ本舗

フレンチブルドッグ チャイとの楽しい生活♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡

実家にいる〈とらお〉
4月で19歳になりました。


元気で食欲もあったけど、ご飯を食べてても筋肉が落ちて
げっそりしてきてました。
目も白内障でほとんど見えてない。

お正月、埼玉に帰る前に『4月末に帰ってくるから
元気で一緒にお誕生日お祝いしようね!』って、約束しました。

P1240550.jpg

帰省予定の1週間前に母から電話があり、とらおが急激に弱ってきたと。
自分でご飯も食べられなくなり、動けなくなってきたって。

目が見えてなくても、足腰が弱ってても、今までは自分で歩いて
トイレに行ったり、ご飯やお水のんだり出来てたのに…。

P1240119.jpg

その頃のとらおです。
座ってても、首を持ち上げられず、ずっとうなだれて…。

85f518ab73da5d6825eb91476d48e992.jpg

フラフラで普通に座ったり、寝たり出来なくなってた。
母から送られた写メを見て、居ても立っても居られなくなりました。

私は結婚する時、夫に『とらおに何かあったら、すぐ帰るから。』と
言ってありました。
(夫も了承していました。)

母から連絡をもらい、翌日にはチャイと先に帰るつもりでしたが…。

05ba76ba20a52635ee950e9d5da49159.jpg

でも、ちょうどチャイのカイカイが酷くて、通院中だった事と
新幹線で連れて帰るのも、少し不安でした。
(長く電車に乗った事がないので)

出来るだけチャイに負担をかけたくないから、色々調べたら
時間はかかるけど、昼の高速バスならペットOKやった。
電車はキャリーバッグから出してはいけないので、途中トイレもさせてやれず
閉じ込めたままになる。(新幹線使っても、最短で4時間半くらいかかる)

高速バスなら時間はかかるけど、何度か休憩もあるので外に出してやれる。

P1240204.jpg

高速バスで帰るかとか、やっぱり帰るべきじゃないのかとか、
本当に悩みました。
帰るにしても、夫のご飯を作って冷凍しないといけないし、
とりあえず、もう1日様子を見る事に。

1人だったら、迷わず即帰っていましたが…。

P1240099.jpg

翌日電話で様子を聞いたら、その日の夜中に呼吸がだんだん弱くなり
表情もなく、このまま亡くなってしまうと母は思ったそうです。
母がとらおを撫でながら、いっぱいいっぱい話しかけたそう。

すると、30分くらいして、大きく1つ深呼吸したので、もうダメだと
思ったら、突然ムクっと起き上がったと。
三途の川を渡りかけてたとこを、まだ行けないと、戻ってきたみたいやって!!!

P1240317.jpg

でも、いつお星さまになってもおかしくないという状態には変わりなく
心配でしょうがなかった。
でも、チャイのカイカイも酷くて。。。

悩みに悩んだ結果、チャイが落ち着くまで様子を見る事にしました。
とらおも大事、チャイも大事。
もし、もしも、とらおに何かあった時には、帰省を待たずに
先に帰ると決めて。。。

お別れすら出来ないなんて、絶対後悔するから。

P1240303.jpg

母が仕事中、病院に預けていたら、点滴とインターキャットをやってくれたって。
すると少し良くなってきて、何とか落ち着いてきたと。

毎日、朝晩とらおの様子を電話で聞いていて、
この様子なら、予定通り帰っても大丈夫そうだという事になり、
夫とチャイと車で帰りました。

帰って即、とらおに会いに。
声をかけると返事もするし、首も持ち上がってる!!!

元気で会えて、ほんまにほんまに嬉しかった。。。

むぅに労わってもらう、とらお。

P1240160.jpg

むぅは赤ちゃんの時、とらおにおっぱいを吸わせてもらって育ちました。
とらおは男の子やけど母性が強く、うちに居るこ達はおっぱいを吸わせてもらったり
抱きしめて寝てもらったり、とらおに可愛がられてきたんです。
(うちの子達はとらおも含め、捨てられてた子3匹、野良の子2匹)

P1240123.jpg

自分でご飯が食べられなかったのが、まぐろを見せると…。

P1240232.jpg

『くれくれ~!』と立ち上がった!!
見えてないけど、ニオイでわかるんやね!

帰った頃は、まだ食欲もあまりなかったけど、GW中
どんどん元気になり、カリカリも食べるし、私が食べてる魚をくれ~!と
足に手をかけてきたり、食欲もりもりに!

トイレにも自分で歩いて行くし、よくしゃべるようになった。

P1240234.jpg

座るのでさえぎこちなかったのが、箱座り出来るようになってます!!
表情もしっかりしてきました。

来た時と帰る時に抱っこしたら、帰る頃には抱いてわかるくらい
明らかに体重が増えてたんですよ。

奇跡的な回復です☆

P1240236.jpg

とらおと1番仲良しの、たまこさん。
たまこもかなりのおばあちゃんで、17歳です。

P1240625.jpg

でも、とらおの17歳の時より元気で、狭い家を毎日ウォーキングして
筋トレしております。

P1240624.jpg

私がお土産に持って行った、メロンベッドで。

fccb91e23b7fc6bb2b6a0a982600a1ab.jpg

むぅもまんまる、すっぽり。

P1240309.jpg

1番下のコトラ。
まだ1歳になってないけど、白目むいたオッサンのようです。
(やっぱりウマ面やな…。)

P1240225.jpg

元気を取り戻したとらおと一緒に☆

P1240539.jpg

私が話しかけたら、一生懸命こっちを見て、返事してくれます。。。

P1240540.jpg

とらおは私にとって、ものすごく特別な存在。
中3から一緒で、嬉しい事も悲しい事も、全部一緒に過ごしてきた
弟でもあり、彼氏でもあった。毎日、私の腕枕で一緒に寝てた。
夫よりも長く一緒にいるんです。

結婚した時、埼玉に連れて来たかったけど、マンションで飼えず。
引っ越したけど、年に何回も車で長時間行き来するので、それも無理やし
泣く泣く離れたまま。。。

そのとらおと元気に会えた事が、ほんまにほんまに嬉しかった。

P1240566.jpg

チャイは2年前、とらおに1度だけ猫パンチされた事があり
それ以来、猫が怖い。

今は誰も、パンチはもちろん、シャーも言わないのに(たまーにコトラが言うけど)
過去のトラウマが消えず、絶対に目を合わせようとしない(笑)

P1240546.jpg

むぅとコトラはお友達になりたくて、自分から近寄って来たりするけど
チャイはビビって、部屋の隅で縮こまってる。
お互い、だいぶ慣れてきたから、1カ月くらい一緒に生活すれば
仲良くなれそうやけど、年に3回、1週間くらいでは距離が縮まらないね。

いつか、一緒にくっついて寝てくれたらいいな~と思っています。

P1240553.jpg

帰省する時、覚悟していました。
私が居る間に、さよならが来るかも知れないって。

でも、とらおは戻って来てくれた。
お花畑を見たけど、私との約束思い出してくれたんやと思う。

とらおは19歳。オス猫としては、貴重なご長寿らしい。
人間と一緒で、猫も女の子の方が寿命が長いんやって。
母も私も、無理な延命処置はしないつもりです。
大切な家族やし、1日でも1秒でも一緒に居たい。
でも、無理やり生かすような事はとらおの負担にもなるから
したくない。

劇的な回復をしたけれど、骨と皮の状態には変わりないし
神様がいつお迎えに来るかわからないけど、とらおがうちの子になって
幸せだったと思ってもらえるように、その時まで妹弟達と
過ごしてもらいたいです。

私は離れていて何もできないのが、本当に辛い。
でも、電話で話しかけると、ちゃんと返事してくれるんです(泣)
8月に元気で会えるように約束したので、とらお頑張ってね!
離れてても、愛してるよ☆



フレンチブルドッグひろば







スポンサーサイト

*Comment

なんか私ちょっと泣きそうです。ウルウル(>_<)
とらおはきっと幸せなんだと思うよ、キミがとらおとの歴史を大事に思うよぉに、とらおも思ってるんやろね。だからまだ死んだらアカンって思ったんやろな。良かった☆

私にとって延命処置って難しい問題やわ。前のワンコ延命処置したけど、ワンコにとってそれが良かったことなのか、どうなのか、結局わからなかったわ…。
なんか辛いよね、いつかいなくなるって。いっぱい言いたいことや伝えたいことが、ちゃんと伝わってくれてたかな…とか、何年たっても思う。


限りある家族の時間、少しでも多く過ごせますよぉに… 応援してます。
  • posted by さえ
  • URL
  • 2011.05/22 01:13分
  • [Edit]

さえへ

ありがとう。。。
GW前、もうとらおに会えへんかと思った。
それくらい、一時状態が悪くなって。
すぐ帰られへんくらい遠くに住んでる事が、辛くて辛くて。
もちろん、家族に何かあっても遠いとさ…。
でも、回復してくれてほんま嬉しかった!

延命処置、ほんまに難しい。
少しでも長く一緒に居たいから、出来る限りの事をって
思うけど、辛い状態を長引かせるのは…どうなんやろうか
とも思うし。。。
前に実家で飼ってたワンコも、病気で亡くなる前
出来る限りの事をしてもらったけど、寝たきりで
鳴いてた姿が忘れられへんくってさ。
辛かったんかな…って。

言葉が話せへんから、本人の意思はわからんし
私らが決める事やけど、どれが正しいのか。。。

とらおに関しては、一時低体温になってたから
病院でICU(体を温めるため)に入って、点滴して
もらったけど、痩せて骨と皮になった細い腕の
点滴の跡が痛々しくてさ。
病気じゃないし、様子見ながら必要な事があれば
してもらうとは思うけど、先生と相談しながら
過度な処置はしないでおこうかな…と。

人も動物も、いつかは来る事やからってわかってる
つもりやけど、やっぱりお別れは辛いよな。
特に動物は人より短い時間しか一緒に居られへんから
いっぱいいっぱい話して、うちの子になって良かったって
思ってもらえるように、愛情を注いでいきたいわ。
自分もいつどうなるかわからんし、後悔せんように
家族や友達との時間を大切にしていかなアカンよね。

今日もとらおと電話でしゃべったけど、元気に
返事してくれたで!
  • posted by ちゃいな
  • URL
  • 2011.05/23 18:45分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

ちゃいな

Author:ちゃいな
*チャイ*
2008年11月20日生 男の子 
カラー:フォーン
埼玉県在住
好き:人・犬・果物・野菜
嫌い:水泳・爪切り・争い

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。